【SPINE制作・SPINEのモーション作りについて】

交通安全運動で沢山の人が捕まっているのを横目で眺めている、質の高いSPINE制作会社和風アニメーションの高橋です。

 

 

車で走っていると、警察官・パトカー・白バイの数が多いですね。

自分も捕まらないように安全運転で運転しようと思います。

 

 

さてさてさて。

今日は、SPINEのモーション作りについて記事にしていきたいと思います。

 

 

たまに「SPINEのモーションがクライアントチェックに通らないのですべて修正してくれませんか。」という問い合わせがあります。

 

 

そのイラストを見ると大体がキャラクターを立体的にとらえておらず、少し角度が変わったらどのような形になるかをまったく考えていないものが多いです。

 

 

我々和風アニメーションとしては、アニメーター経験者がいるので、

「なんでこんな単純な事できないの?」

「基本が全くできてないなぁ。」

「ただイラストレーターの好きな角度で描いているだけじゃん。」

「何でこんな人が作業しているの?」

「はぁ????」

見たいな感じです。

 

 

ゲーム業界では上記のようなアニメーションをやる人にとっては基本中の基本もできない人が作業していたりします。

というかそういう人が多いです。

 

 

なので弊社には

「ヘルプで入ってくれ。」

「修正お願いします。」

などのお問い合わせが結構あります。

 

 

毎回そういったお仕事を受けるたびに、

「初めから振ってくれればいいのに・・・」

と思ってしまいます。とほほ。

 

 

弊社の宣伝もしておきます。

SPINE制作は弊社に3名アニメーター経験者がおり、

たいていの事はできると思います。

そして、クライアント様の要求を形にするアイデア出しなども承っております。

何かお困り事ございましたら、

お気軽にご連絡くださいませ。

https://www.wafuanime.com/spine