【イラストのお仕事で重要!ポートフォリオの更新】

質の高いイラスト制作会社和風アニメーションの高橋です。

 

 

記事のほうも目標の20記事に到達しましたので、

これからは、無理せず空いた時間に更新していきたいと思います。

 

 

さてさてさて。

今回はポートフォリオの更新の重要性を記事にしていきます。

 

 

ポートフォリオとは自分の作品集のことで、

この作品集を先方に観ていただき

自分の実績・力量を評価してもらうのです。

 

 

この自分を売り込む為に重要なポートフォリオを、

一回作って制作会社に送り、

その後更新しない方が非常に多いです。

 

 

しかし更新は常にしたほうがメリットが非常にあるのです。

例えば、

・新しい絵柄のお仕事がGETできる。

・やる気が伝わる。

・名前を覚えられる。

などです。

 

 

絵の仕事は常に流行の絵柄が変わっていくので、

それに合わせてポートフォリオを作ることが重要です。

そうすれば

「この人は、今流行の絵柄描けるんだ。」

と先方が評価しお仕事がいただけたりします。

 

 

また、例えば更新時に今までは美少女キャラばかりだったが、

違うジャンル(メカ、モンスターなどなど)を入れ、

作業できる範囲を広げることもできます。

 

 

しかもポートフォリオの更新というのは、

更新する方が少ないので、

何より目立つし、

やる気を感じてしまいます。

 

 

やる気のない人よりか、

積極的に行動しやる気を見せてくれる人のほうが振りたくなってしまいます。

 

 

特にフリーランスの方は、

営業力がないとお仕事がとれないので、

更新は日課だ!

という心持でいましょう。

 

 

あと更新時期ですが、

スパンが短すぎると、

しつこいと感じる先方もいると思いますので、

3ヶ月・4ヶ月おきに定期的に更新すると良いと思います。

 

 

枚数は、1枚でも良いので更新していきましょう。

 

 

和風アニメーションでは、ハイスペックなイラストレーターを募集しております。

実績・技術の高い方は下記より外注イラストレーター登録お願いいたします。

https://www.wafuanime.com/2d-illustration

 

 

今日はここまで。

バイチャ!!!!!

 

 

【イラスト/SPINE制作するうえで1番大切な事】

秋になると秋刀魚が食べたくなる、質の高いイラスト/SPINE制作会社和風アニメーションの高橋です。

 

 

今年の秋刀魚は不漁で、大きさも小さいようです。

味はどうなんでしょうか?

おいしければ自分としては問題ないです。

早く食べたいなぁ。

 

 

さてさてさて。

今日は、イラスト/SPINE制作するうえで1番大切な事を記事にしていきます。

 

 

みなさんはなんだと思いますか。

イラスト制作だと。

・絵のクオリティ

・キャラに対する思い

・構図

などなど

 

 

SPINE制作だと。

・動き

・キーポーズ

・タイミング

などなど

 

 

上記は、制作する上ですべて重要です。

しかし一番大切なものをあげるとしたら(色々意見はあると思いますが)、

『クライアント様から求められている成果物を制作する。』

という事です。

 

 

特にフリーランスの方に多いのですが、

自分を出そうとするあまり、

クライアント様の求めているものとは、

乖離してしまう事が多々あります。

 

 

ご自身の趣味の絵でしたら、

好みの絵柄・世界観・線のタッチ・塗り方などなど、

自由に描いても良いと思います。

 

 

しかし、仕事となると

「あなたがどのような絵が描きたいか。」

は必要ないのです。

 

 

一番重要なのは、

お金を出して頂いているクライアント様のイメージを、形にする事なのです。

お金が発生している以上、お金を出している者が最高権限を持っているので、

素直に言う事を聞かなければなりません。

 

 

言い換えればクライアント様は、「神様」です。

我々は神様の示した道・教えを守るほかありません。

 

 

とにかく、クライアント様からの指示書をしっかり読み解けるようにならないとお仕事が繋がらないよと言うお話です。

「オラならこう描く。」

「この指示書はつまらぬ!だから、オラがアレンジしてやろう。」

と訳の分からないことは、考えないようにしてください。

 

 

もし、技術があるのにリピート率が上がらないフリーランスの方・

これから初めて仕事を受けるフリーランスの方は、気をつけてみてはいかがでしょうか。

 

 

クライアント様の求めるものを形にする事に自信があります。

イラスト/SPINE制作は和風アニメーションまで。

https://www.wafuanime.com/2d-illustration

 

 

 

 

 

【版権イラスト・キャラ似せの極意「癖なんか殺しちまえー」】

ここ2.3年男性とあまり話していない質の高い版権イラスト制作会社和風アニメーションの高橋です。

 

 

社員が全員女性なので、男性と普段喋りません。

なので、高橋は女性化していっていますわよ。

 

 

さてさてさて。

本日は、版権イラストを描くうえでの1つのポイントを紹介します。

 

 

そのポイントは、

「癖なんか殺しちまえー」です。

実はこの言葉、実際に自分がアニメーターの時に先輩作画監督から言われた言葉です。

 

 

自分が新人へなちょこアニメーターの時に、

スタジオの一番怖い作画監督に質問したことがあるのです。

 

 

へなちょこ高橋「す、す、すみません。キャラってどのように似せればいいのですか・・・ブルブル」

 

怖い人「・・・・・・!」

 

へなちょこ高橋「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・えっ?」

 

怖い人「キャラ、似、せ?」

 

へなちょこ高橋「は、はい。なんか自分の癖が出てしまうというか・・・・。」

 

怖い人「癖?」

 

へなちょこ高橋「は、はい。」

 

怖い人「癖なんか殺しちまえー‼」

 

へなちょこ高橋「は、はい。了解しました。殺します!秒殺してきまーす。(;^ω^)」

 

 

てな感じで、ありがたいお言葉をいただきました。

でも今考えても、キャラ似せの極意を含んだ名言だと思います。

 

 

確かにキャラ似せをするときは、

自分の絵・好み・癖など必要ないんですよね。

設定を見てその通り描く!

それが真理です。

 

 

あの時勇気を出して聞いてみてよかったです。

あのお言葉で自分も変われたと思います。

ありがとう。

怖い奴。

違った、先輩。

 

 

みなさんもキャラ似せのお仕事の時は、

「癖なんか殺しちまえー」

を思い出して描いてみてください。

 

 

版権イラストのご依頼は下記よりお問い合わせください。

https://www.wafuanime.com/2d-illustration

 

 

オラの記事はここまでだぁ。

サヨナラ。

まった見ってねー。

 

 

 

 

【版権・キャラ合わせイラスト制作・和風アニメーションが凄い!】

年取ると腰にくるなぁと感じる、質の高いイラスト制作会社和風アニメーションの高橋です。

 

 

今年42のおっちゃんですが、疲れるとまず腰にきます。

腰がひねり曲がるじゃないかと思うほどの激痛です。

病院に行っても「デスクワークだからですね、湿布出しておきます。」

で終わってしまうので、意味ないので激痛のまま放っておいています。

何か良い治療法無いですかね。

 

 

さてさてさて。

本日は弊社の一番得意な分野、「版権・キャラ合わせイラスト制作」についてです。

 

 

版権イラスト制作でよく言われるのは、

リテイクが多くて大変という事がよく聞かれます。

中にはラフだけで5回以上FBがきたなど、

予算に見合わない仕事になってしまうこともあるようです。

 

 

弊社では、手描きアニメーター経験者がおりますので、この分野は本当に得意です。

経験者と言っても2・3年やったぐらいではなく、

5年・10年以上の作画監督経験者もおり

まさにキャラ似せのプロが作業しております。

 

 

ですので、クライアント様からお仕事のお話をいただき

「この作品クオリティ高いですよ、低かったら降ろしますよ。」

「色々な制作会社に振っているけどどこも似ないんだけど和風さんできるの。」

などなど、打ち合わせの時脅されたことも多々あります。怖!

 

 

しかし、

1回トライアルをやると、

「和風さん良いですね。」

「このクオリティでできるなら継続してお願いしたい。」

という感じで、認めてくれます。

 

 

また、弊社には社員以外にも外注アニメーターが複数名おります。

その方々もキャラ似せを毎日のように作業しているキャラ似せの猛者達です。

 

 

このように、キャラ似せオールスターみたいな人材がおります為、

版権・キャラ合わせイラスト制作を特に得意としております。

 

 

版権・キャラ合わせイラスト制作のご依頼は下記よりお願いいたします。

https://www.wafuanime.com/2d-illustration

 

 

版権・キャラ合わせイラスト制作でお困りの企業様ご連絡お待ちしております。

 

 

今日はここまで!

まったねーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー♡

ウェー―――――――――――――ーィ✌

 

 

【イラスト/SPINE制作・海外発注のメリット、デメリット】

不眠症で1日3時間~5時間位しか寝れない、質の高いイラスト・SPINE制作会社和風アニメーションの高橋です。

 

部屋の電気を消した瞬間、寝れるのですが、

すぐに起きてしまいます。

最短で22:30に寝て、

23:30に「よく寝た。」と言って起きた事もあります。

自分で言うのもおかしいですが、

どうなっているのでしょうかね。

 

 

さてさてさて。

今回は、海外発注のメリット、デメリットです。

 

 

海外発注の長所ですが、

予算が安い。

リソースがある。

短所は、

クオリティが安定しない。

コミュニケーションがとりづらい。

 

 

てな感じです。

 

 

企業は利益を出さねばならないので、

予算の安い海外発注に目を向けます。

そして多くの企業が海外に発注しています。

 

 

そこで問題になってくるのは、言葉の問題です。

しっかりと内容を伝えても海外制作会社の通訳の方が、

自国語に変換できておらず両国間の齟齬が生まれてしまうのです。

 

 

そこに、相手国の文化・気質なども入ってきてしまい、

カオス状態を巻き起こしてしまう事が良くあります。

 

 

また海外発注でもう一つ気をつけなければいけないのは、

自国の文化を元に絵を描いたりするので、

装飾のデザインなどが自国色に染まってしまう事が多々あります。

 

 

絵が上手くても、

装飾のデザインが日本には受け入れられないものなので、

修正作業をしなければならず、

案件によっては初めから国内に発注しておけばよかったと言う意見も聞いたりします。

 

 

これを解決するには日本人を送り込むということです。

しかし、中々他国に駐在したい人材など見つかりません。

なので、日本人を定期的に月数回送り込んで指導するとかなり改善できます。

 

 

海外発注は、安いので大量に量産したい時はかなりの利得があります。

しかし、上手く座組みしていかないと大変な事になってしまい赤字になる諸刃の剣です。

 

 

そこで最近弊社にお問い合わせのあるお仕事で、

海外発注のチェックをやってほしいという案件です。

 

 

イラストでもSPINEでも、

このような案件があり弊社では対応しております。

 

 

とくにSPINEのお問い合わせは多く、

かなりの数対応させて頂いております。

(SPINEを扱えるクリエイターがまだ少ないからだと思います。)

 

 

今後SPINEは、イラストや背景制作と同じく海外に発注する事が増えてくると思います。

だからといってすべて海外にお仕事がいってしまい国内はスッカスッカということにはならないとは思いますが、

国内で、お仕事が振られる企業・クリエイターは厳選されると思います。

 

 

なので、和風アニメーションも常にハイスペックな方を発掘していき、

強固な会社にしていきたいと思っております。

 

 

海外発注でチェックに入ってほしい企業様は下記からお問い合わせ下さい。

https://www.wafuanime.com/contact

 

 

オラの記事はここまで!

バイバイキーン。

 

【SPINE制作・SPINEのモーション作りについて】

交通安全運動で沢山の人が捕まっているのを横目で眺めている、質の高いSPINE制作会社和風アニメーションの高橋です。

 

 

車で走っていると、警察官・パトカー・白バイの数が多いですね。

自分も捕まらないように安全運転で運転しようと思います。

 

 

さてさてさて。

今日は、SPINEのモーション作りについて記事にしていきたいと思います。

 

 

たまに「SPINEのモーションがクライアントチェックに通らないのですべて修正してくれませんか。」という問い合わせがあります。

 

 

そのイラストを見ると大体がキャラクターを立体的にとらえておらず、少し角度が変わったらどのような形になるかをまったく考えていないものが多いです。

 

 

我々和風アニメーションとしては、アニメーター経験者がいるので、

「なんでこんな単純な事できないの?」

「基本が全くできてないなぁ。」

「ただイラストレーターの好きな角度で描いているだけじゃん。」

「何でこんな人が作業しているの?」

「はぁ????」

見たいな感じです。

 

 

ゲーム業界では上記のようなアニメーションをやる人にとっては基本中の基本もできない人が作業していたりします。

というかそういう人が多いです。

 

 

なので弊社には

「ヘルプで入ってくれ。」

「修正お願いします。」

などのお問い合わせが結構あります。

 

 

毎回そういったお仕事を受けるたびに、

「初めから振ってくれればいいのに・・・」

と思ってしまいます。とほほ。

 

 

弊社の宣伝もしておきます。

SPINE制作は弊社に3名アニメーター経験者がおり、

たいていの事はできると思います。

そして、クライアント様の要求を形にするアイデア出しなども承っております。

何かお困り事ございましたら、

お気軽にご連絡くださいませ。

https://www.wafuanime.com/spine

 

 

【イラスト制作会社和風アニメーションの弱点・欠点】

自転車の両輪がパンクしていて歩きで銀行まで行って参りました、質の高いイラスト制作会社和風アニメーションの高橋です。

 

 

自転車のパンク、誰か直してくれませんか。

時間がなくて修理いけません。

でも、これから寒くなってくるし、どこかで修理行かなければ!!!

 

 

さてさてさて。

今日は皆さんお待ちかね。

和風アニメーションの弱点・欠点を暴露します。

社長が会社の弱みを暴露して、どうするんだぁー!!!!!!

と社員に背後から刺されそうですが暴露します。

 

 

なぜかというと、弱点・欠点を伝える事で和風アニメーションというヘンテコな名前の会社がしっかり仕事をやっているんだぁ、と思ってもらえるからです。

 

 

それでは発表しましょう!

 

 

和風アニメーションの弱点・欠点は!!!

 

 

リソースが少ないと言う事です!!

なので大量案件などはお断りです。!!!!!!!

 

 

言ってしまいました。

そうです。

リソースがあまりないのです。

 

 

なぜならクリエーターを厳選しているためクリエーター登録者数も数十名です。

まだ100名もおりません。

ただ登録者100名ほしいとも思っておりません。

人数ではなく質のたい方です。

つまり技術・実績がありコミュ力のあるかたです。

人数なんて関係ありません。

 

 

和風アニメーションは精鋭の集まりで、いいのです!!!

 

 

少数ですが精鋭揃いなのでイラスト・SPINE制作には自信があり、

クライアント様からも高評価を常に頂けているのです。

 

 

これからも「和風さんは質高いよね!」

と言われ続ける為に精鋭を集い、

クオリティ維持を目指し、

そして、しっかり精鋭達に良いお金が回るよう頑張っていこうと思います。

 

 

集え精鋭たち!!

そしてクライアント様、精鋭たちにお仕事をお願いいたします!!!ペコペコ

https://www.wafuanime.com/2d-illustration