【イラスト・SPINE制作/仕事をする上での常識】

質の高いイラスト・SPINE制作会社和風アニメーションの高橋です。

 

 

さてさてさて。

今回は、「仕事をする上での常識」です。

これはイラスト・SPINE制作だけでなく、

どのようなお仕事でも通用するお話だと思います。

 

でも常識過ぎて読むのがかったるくなるかもしれません。

 

そのときは、ページを閉じてしまってかまいません。

 

 

・納期とルールは守りましょう!

まず当たり前ですが、納期とルールは守りましょう!

でも以外にできていない方がいると思います。

 

たとえば、

・納期を忘れて作業を後回しにしてしまったり

・指示書をしっかりと読んでおらず、内容を逸脱してしまったり

・指示書は読んだけど、作業していくにつれ内容を忘れてしまい私ルールになってしまったり

・指示書より自分のやり方のほうがいいと思い、クライアントにお伺いを立てずに作業してしまったり

などなど。

 

上記はすべてNGです。

 

大事なのは仕事と趣味の区別を付けることです。

絵が上手い方でも趣味的な感じでお仕事をしてしまうと、こちら側としては扱いづらく、次のお仕事に発展することが低くなってしまいます。

 

特にフリーランスの方で、つまらないプライド・俺様的思考がある方は大いに気をつけるべきでしょう。

 

 

・相手の立場になって考える。

やはりお仕事というのはお互い気持ちよくお互いのことを思い作業しなければなりません。

 

作業者が納期を守らない場合、誰が迷惑するのでしょうか。

それは作業者の上にいる、私たちやクライアント様です。

逆に私たちも作業者が納期までに作業が終わるように円滑なやり取りをせねばなりません。

 

相手の立場に立ってお仕事をする、

そうすれば納期・ルールを破れば誰が困るかわかるはずです。

 

・自分で考え動くアクティブクリエーターになる。

というかこんな話は当たり前すぎますので、1ランク上の考え方を皆さんは持ちましょう。

 

それは自分で考え動ける作業者になるということです。

相手の立場に立ってお仕事をしていけば、自分で考える・予測する・想像する力がつき、一歩先の行動ができると思います。

一歩先の行動というのは、実作業ではやらなくていいかもしれませんが、それをやることで評価が上がることでしょう。

 

つまり言われても無いことを、自分で考え次はこのような指示をしてくるだろうから、事前に作業しておこう。

という行動が仕事獲得のブーストとなるはずです。

 

言われたことだけをやる方より、納期・ルールを守りながら、自分で考え動く方が重宝されるのは当たり前のことです。

 

 

まとめると、

・納期・ルールは当たり前のように守る。

・相手の立場になって考える。

・自分で考え動くアクティブクリエーターになる。

 

といった感じです。

 

 

なんか上手くまとまったのかわかりませんが、こんな感じです。

今日は以上です。

 

 

 関連記事は下記より

wafu-takahashi.hatenablog.com

 

 

wafu-takahashi.hatenablog.com

 

 

実績がある外注ハイスペッククリエーターのご登録お待ちしております。

下記より

https://www.wafuanime.com/entry

 

 

 

【イラスト・SPINE制作/どのようなフリーランスクリエーターと組みたいか!】

質の高いイラスト・SPINE制作会社、和風アニメーションの高橋です。

 

 

本日は、弊社がどのような外注クリエーターとお仕事をしたいかお話いたします。

 

 

ズバリ

「実績がある!」

「技術が高い!」

「ビジネススキルが高い!」

という方です。

 

 

弊社では物づくりをする上で、良質なものを作って評価を得たいという思いがあります。

その為、質を重視するので条件は高くなっております。

70点でなく100点!

90点でなく100点!

を目指しております!

(なかなか100点は難しいと思いますが、狙ってはいます。)

 

 

その為、外注クリエーターは質の高い方しか採用致しません。

 

 

条件としては上記で示したとおり

1.「実績がある!」

 

仕事をやったことがある、

またはどこかの会社で作業をしていた方は、

技術があるから仕事があるのだし、

仕事を最後まで納品したから実績を出せるんだと思います。

 

この納品する力というのは非常に大事で、

FBについてこれる力があるという証明でもあり、

FBでメンタルが崩壊して音信不通になるような方ではないということにもなります。

 

 

2.「技術が高い!」

 

良質な物をつくるには、技術力がないとできません。

 

よく外注登録のお問い合わせで、

「技術はあまり無いですがやる気はあります!経験をつませてください。」

など一言添える方がいますが、

文章でいくら感情を揺さぶってきても、

私は会社の質を保たなくてはならない為、

そういった感情に訴えかけてくる一言を読んでもなんとも思いません。

そんな言葉よりもその人のポートフォリオを評価基準にみています。

 

 

3.「ビジネススキルが高い!」

 

しっかりとしたビジネススキルのある方でないとお仕事など成立しません。

制作物作業以外にも

・コミュニケーション力
wafu-takahashi.hatenablog.com

 ・レスポンスの速さ

wafu-takahashi.hatenablog.com

 ・スケジュールの管理

・お金の管理

などは最低でもできていないと困ります。

 

この能力はポートフォリオではわかりませんので、

実作業で見極めております。

 

 

以上が弊社の重要なパートナー様の条件です。

 

 

もっともっと制作物への質を上げていきたいと思っておりますので、

質の高い系クリエーター様のご応募お待ちしております。

下記より登録のご応募お待ちしております。

https://www.wafuanime.com/entry

 

 

関連記事は下記より!

 

wafu-takahashi.hatenablog.com

 

 

wafu-takahashi.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ゲーム業界の営業・絶対に仕事をしたくない会社発見!みーつけた。】

質の高いイラスト制作会社株式会社和風アニメーションの高橋です。

 

 

最近営業をしていて、この会社とは仕事やりたくないなぁといった会社がありました。

どのような会社かというと、

1.上目線で接してくる。

2.話を聞いているのかわからない。

といった会社でした。

 

 

その会社は、

「君たちがアポとって話をしたいって言うから、聞いてるだけ。」

「もう弊社はリソース足りているし、安く引き受けてくれるフリーランスがいるので、別に困っていない。」

また、こちらからいろいろ提案してもほぼ返答がありません。

・・・・・・・・・・・・。

 

 

最悪です。

というかこっちも忙しい中営業に出向いているので、

別に困っていないならアポ断ってくれといった感じです。

 

 

打ち合わせの雰囲気もウィンウィンの関係を作りたいという思いも感じられず、

なぜ打ち合わせのアポが取れたのか、

彼らは社会人なのか、

大人なのか、

頭が悪いんじゃないか、

雑魚キャラなんじゃないか、

と思ってしまいました。

 

 

本当にビジネスリテラシーのない会社って、

接していてストレスたまるし、

体に良くないですね。

 

 

近い将来その某会社が潰れることを祈っております!

 

 

ハイスペックな外注イラストレーター・SPINEクリエーター募集中!!

詳しくは下記から。

https://www.wafuanime.com/entry

 

 

 

 

 

【絵描きになるには貯蓄も大事・特に手描きアニメーター】

質の高いイラスト制作会社和風アニメーションの高橋です。

 

 

さてさてさて。

きょうは、絵描きになる前にお金を貯蓄するべきよってお話です。

 

 

ゲームイラストレーターに就職が決まれば、そのお給料でやりくりできるでしょう。

おそらく初任給で14万から18万くらい頂けると思います。

しかし、ぎりぎりの生活になるので趣味や娯楽にお金をかけられず、

常に財布と睨めっこの日々が待っているでしょう。

 

 

また賞与昇給も会社によってあったりなかったりです。

求人には書いてあったけど、実際入社すると無いこともあります。

 

某A制作会社は、初任給からまったく変わらないなどの声も聞いたことあります。

 

某B制作会社は初めて会社で賞与が出ると聞き額を見たら数千円だったとの声を聞いたことがあります。

 

 

会社って入社してみないと分からないことが多いので、業績によって賞与昇給のあるところもあれば、全くないというところまであるので、最後は運ですね。

 

 

なので、絵描きになる前に貯蓄をし、

自分の趣味・娯楽・不測の事態などに備えるのが得策です。

額は100万位の余裕が欲しいですね。

その間に力を付け会社で上位の活躍をしていればさすがに昇給はあると思います。

なかったら辞めましょう。

他の会社かフリーランスになる選択をすべきです。

 

 

 

次に手描きアニメーターですが、

動画マンスタートだとおそらく初任給0円から20000円。

原画スタートだと初任給20000円から60000円位でしょうか。

(固定給や出来高+固定給のところもありますが、

そのようなところは求人倍率も高く中々入れませんし、

まれなので除外します。)

 

 

どうですかこの金額。

しかも東京にアニメスタジオは集中しており、

大概の方は物価の高い東京に住むと思いますが、

やっていけますか?

 

 

ほぼムリゲーです。

なのでアニメーターになって半年で50%位の方が辞め、1年で5%位しか生存出来ないんだと思います。

 

 

なので、アニメーターになりたいけど、

お金がない人、

金銭問題がある人、

借金がある人、

は自分は冷たく絶対無理なので諦めて下さいと言ってきました。

 

 

アニメーターになりたいと言う人達は、

金銭的に楽観的な方が多く、

『どうにかなる』

と考えている方が多数です。

 

 

いやいや、絶対無理です。

お金が無ければ絶対無理です。

あなたの居場所はありません。

 

 

本当にアニメーターとして一生やりたいのなら、

お金を貯めましょう。

とにかく計画的にお金を貯める、

これが生き残るコツです。

 

 

額は、200万位ほしいです。

その貯蓄が空になったらゲームオーバーと考え必死に頑張ってみて下さい。

手描きアニメーターは、200万貯蓄したからって成功するか分からないですが、とりあえずこの額位ないと数ヶ月でオサラバになる確率が増えるとだけは、言っておきます。

 

 

絵描きになる前に、

自分が成長するまではあまり稼げないと思うので、その期間の貯蓄をしましょう。

絶対これ大事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ゲームイラスト・絵を描くスピードの重要性】

質の高いイラスト制作会社和風アニメーションの高橋です。

 

 

さてさてさて。

今日は、絵描きにとって重要な絵を描くスピードについて記事にしていきます。

 

 

絵描きで生きていく為には、絵を量産しなければいけません。

基本的に絵描きの世界は、一枚単価での取り引きが多いので、できるだけ多くの枚数を描かないといけません。

 

 

例えば、一枚単価70000円の案件があって、

それを1か月かけてやると月収70000円です。

しかし同じ技術を持った手の早い人が1か月5点やったら、

月収が350000円になります。

 

 

絵の技術はほぼ変わらず、

収入の差が出るというのは、

つまり、手の速さなのです。

 

 

絵が上手いだけでは生きていけない世界だし、オラも何人も手の速さが無く辞めていった人達を見ているので、これから絵描きを目指す人達には、頑張って身に付けてほしい技術です。

 

 

なのでキャラの勉強だけでなく、スピードの勉強も忘れずにしていって下さい。

 

オラ、スピードが無くて辞めていく人は、もうみたくねぇ〜んだ❗️

 

その他にも絵描きとして重要な記事があるので下記にリンク貼っておきます。

 

wafu-takahashi.hatenablog.com

 

 

wafu-takahashi.hatenablog.com

 

 

wafu-takahashi.hatenablog.com

 

 

wafu-takahashi.hatenablog.com

 

 

 

 

 

【絵描き達よ、しっかりと受け答え出来ているか!】

質の高いイラスト制作会社和風アニメーションの高橋です。

 

 

さてさてさて。

今回は、社会人としての常識的なお話です。

 

 

最近、色々なやり取りをしている中で、

凄い気になるんです!

「受け答えができない人が多いなぁ。」と。

そういう人の話を聞いていると

「この人頭悪いなぁ」

「仕事できなそう」

と自分は思ってしまいます。

 

 

たぶん自分がそのように思ってしまうということは、

他の人達もそういうイメージを持ってしまうと思うので、

常識的なことですが、出来ていない方はここで勉強していってください。

おそらく仕事がスムーズにいくようになり、周囲の目も変わってきます。

 

 

相手からの問いに対してどのように返すかというと、

ずばり

「結論から伝える!」ということです。

簡単なことですが、

これが出来ない人がかなり多いのです。

 

 

相手は、結論を聞きたいのに

「こうで、あーで、そして、こんなんなって・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

だから、こうなんです。」

結論部分までが長すぎて、

聞いていてイライラするし、

途中で集中力を失い会話に飽きてしまいます。

 

 

結論から伝えるというのはビジネスをする上では、

常識的なことなのでしっかり実践できるようにしておいたほうがいいですよ。

 

 

そして結論から伝えられないと、

一般社会では仕事がスムーズにいかないので、

「無駄な時間」、

そして

「仕事できない」

というレッテルを貼られてしまうので気をつけましょう。

 

 

絵描きの世界でもこのことは凄く大事です。

絵描きといえども、ずっと机に座って描いているわけではありません。

上司・部下・クライアントとの打ち合わせ、など色々人とかかわるので、

しっかりとした受け答えが出来るようにしておかないといけません。

 

 

絵描きは絵が上手ければ良い!

というわけにはいかない状況が社会では多々あります。

 

 

やり取りしていてイライラする人より、

相手の言いたいことがすぐわかりスムーズに話が進む人のほうがいいですよね。

 

 

これを実践するだけで相手の自分に対する見方が変わってくると思いますので、

絵の勉強だけでなく、このような社会常識的なことも勉強されるいいと思います。

 

 

出来てない人は頑張ってチョ!

 

 

今日はここまで。

ンじゃーーーーーーーーーーーーね。

 

 

 

 

【ゲームイラストポートフォリオ・何を入れるか!フリーランス編①】

質の高いイラスト制作会社和風アニメーションの高橋です。

 

 

さてさてさて。

今回は、【ゲームイラストポートフォリオ・何を入れるか!フリーランス編①】です。

前回、前々回は、就活編を記事にしましたので、下記にリンク張っておきます。

 

 

wafu-takahashi.hatenablog.com

 

 

wafu-takahashi.hatenablog.com

 

まずフリーランスというのは簡単に何かというと、

会社員でなく、

自分で仕事を取り、

制作し、

納品し、

請求書を切り、

税金を納める、

ってな感じです。

 

 

そんなフリーランス

会社に入るときと、

フリーランスとして自分を売る為のポートフォリオ作りはかなり変わってきます。

 

 

*会社に入るときのポートフォリオは、前回、前々回で記事にしましたので、

割愛させていただきます。

 

 

フリーランスは個人が重要視されるので、

「自分は、○○が得意です!!!!!!!!!」で大丈夫です。

仕事の受注を増やしたいのであれば、

複数ジャンルの題材が描けたほうがいいですが、

1つのジャンルに絞ってもお仕事に困ることは無いと思います。

(上手ければの話ですが・・・)

 

 

なので、お好きな題材を描きそれをポートフォリオに載せればOKです。

背景が得意なら背景だけでいいし、

メカが好きならメカだけで大丈夫です。

 

 

あとボリュームに関してですが、

たまに2・3枚しかイラストがないポートフォリオを見かけることがありますが、

それはやめましょう。

沢山描いておいたほうが、

アサインの確立はあがりますし、

何枚かいても質が落ちないことの証明にもなります。

 

 

バリエーションに関しては、背景なら

・自然物

・人工物

という大きな題材があり、

それを元に

・過去

・現在

・未来

・ファンタジー

・サイバー系

などなど

ポートフォリオに入れていけばいいと思います。

 

 

具体的な枚数で言ったら、

15枚以上はほしいです。

でも15枚って最低量だと思ってください。

あればあるほどいいです。

頑張って描いて下さい。

 

 

今日はここまでです。

みんな頑張ってポートフォリオ作ってね。

バイバイ!!!